HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

本Q&Aは、住宅性能評価・表示協会(以下「評価協会」)の会員等からの質問をもとに、評価協会の中に設置した分科会等で検討を行い、作成したものです。法律、政令、規則、告示等は原則として現行のものに従っています。

本Q&Aにおいては、次のような略語を使用しています。

法  :住宅の品質確保の促進等に関する法律
規 則 :住宅の品質確保の促進等に関する法律施行規則
表示基準 :日本住宅性能表示基準
評価基準 :評価方法基準
設計評価 :設計住宅性能評価  
設計評価書:設計住宅性能評価書  
建設評価 :建設住宅性能評価
建設評価書:建設住宅性能評価書
評価機関 :登録住宅性能評価機関
型式認定 :住宅型式性能認定
製造者認証:型式住宅部分等製造者の認証
特 認 :特別評価方法認定

住宅性能表示制度Q&A 分類リスト

住宅性能表示制度Q&A タイトル一覧

整理番号構造の安定に関すること公表日時
1-002 壁倍率の上限について2011/02/24
1-004 床組等の構造方法について2010/3/9
1-006 木造3階建て2000/12/11
1-007 高床式の2階建て木造住宅の布基礎2002/3/20
1-008 小屋裏の物置2003/3/17
1-009~1-011 床組2000/12/11
2002/3/20
1-012~1-014 継手及び仕口2000/12/11
2014/3/5
2002/3/20 2013/02/28
1-015~1-017 地盤及び杭2000/12/11
2002/3/20
2003/3/17 2014/5/9
1-018 構造計算書の添付2003/06/09 2014/3/5
1-019 地盤の許容応力度等の審査2003/9/12
1-020 梁のあばら筋比0.2%以上2003/9/12
1-021 上部構造の基礎の一部が土被りがない状態で地下車庫RC造にかかる場合2003/9/12
1-022 雪下ろしの実況に応じた積雪荷重2003/9/12
1-023 木造軸組工法における存在床倍率について2003/12/3 2012/3/9
1-024~1-026 免震建築物2007/3/23
2004/7/23 2007/3/23
1-028 免震建築部分を含む住宅の表示方法について2008/1/25
1-029 スパン表の併用について2012/3/9
1-030 木材の基準強度について2013/02/28
整理番号火災時の安全に関すること公表日時
2-001 「台所等」の定義2003/3/17
2-002 感知器の設置場所2003/3/17 2014/5/9
2-005 軒裏の有孔板2002/3/20
2-006 防火、準防火地域以外における耐火等級の評価2000/12/11
2-007 木造外壁の耐火等級2000/12/11
2-008 軒裏の耐火等級2002/3/20
2-009 ボイドスラブの耐火等級2002/3/20
2-010 階段室型における、他住戸等への警報2003/9/12  2006/6/1 2014/3/5
2-011 スプリンクラー設備設置の場合の取り扱いについて2013/02/28
2-012 直通階段との間に他住戸等がない2004/2/10
2-013 通常の歩行経路による2以上の方向への避難が可能2004/11/22
2-014 感知警報装置における用語の定義2006/6/1
2-015 「他住戸等」に含まれる室2006/6/1
2-016 感知器の設置場所(3階建ての階段室について)2006/6/1
2-017 感知警報装置取付け位置について2006/6/1
2-019 感知器の感度等について2006/6/1 2013/02/28 2014/5/9
2-020 寝室(特定寝室)について2007/3/23
2-021 共同住宅に令8区画された他用途施設がある場合の感知警報装置2014/03/05
2-022 避難経路の隔壁の開口部について2016/03/04
整理番号劣化の軽減に関すること公表日時
3-001~3-003 構造別の適用関係2000/12/11
2002/3/20
3-004 国外の機関による同等判断2000/12/11
3-005 外壁の軸組等及び土台の範囲2000/12/11
3-006 豪州桧を用いた土台2002/5/14 2009/9/4
3-007 脱衣室の床組2003/3/17
3-008 小屋裏換気口2002/3/20
3-009 床下に空間がない場合2003/3/17  2003/9/12
3-010 耐火被覆2000/12/11 2013/02/28
3-011 かぶり厚さ(RC造の目地部分)2003/3/17 2012/3/9
3-012 かぶり厚さ(ボイドスラブの中空部)2003/3/17
2003/12/3
3-013 コンクリートの品質(強度)2002/3/20 2010/3/9
3-014 コンクリートの品質 (品質)2002/3/20
3-015 コンクリートの品質 (大臣認定コンクリート)2003/3/17
3-016 段取筋のある場合のかぶり厚さ2003/9/12
3-017 鉄骨造住宅の最下階の柱脚部2003/12/3
3-018 木造の「外壁の軸組等」の範囲2004/2/10 2013/02/28
3-020 脱衣室の床組2004/2/10
3-021 構造スリット部(完全スリット型)のジベル筋の扱い2004/7/23
3-022 プレキャストコンクリート造のかぶり厚さ2004/7/23
3-023 耐久性上有効な仕上げによる緩和の適用範囲について2004/11/22 2014/5/9
3-024 プレキャストコンクリート造におけるかぶり厚さの扱いについて2004/11/22 2014/5/9
3-026 基礎断熱工法を用いる場合の地盤の防蟻措置2008/1/25
3-027 浴室の防水上有効な仕上2008/1/25
3-028 片流れ屋根の軒裏換気口2008/1/25
3-030 混構造における床下について2010/3/9
3-031 木造住宅の基礎高さ2010/11/22 2014/5/9
3-032 混構造における木造土台の取り扱いについて2013/02/28
3-033 建設評価時におけるコンクリートの単位水量及び水セメント比の確認について2015/03/05
3-034 鉄骨造の防錆措置における鋼材厚さの適用範囲について2016/03/04
3-035 鉄骨造における防錆措置の適用範囲について2016/03/04
整理番号維持管理・更新への配慮に関すること公表日時
4-001 雨水排水管、冷暖房機器ドレイン2000/12/11 2014-03/05
4-002 さや管を使用した専用配管2002/3/20
4-003 洗面化粧ユニット、キッチンユニット、システムトイレの洗面カウンター2003/3/17  2003/6/9 2009/1/26
4-004 浴室ユニット (排水管)2003/3/17
4-005 浴室ユニット (給水・給湯管)2003/3/17
4-006 ピロティ形式における共用配管の横主管2002/3/20 2012/3/9
4-008 点検口の大きさ2000/12/11
4-010 共用の排水立管の掃除口2003/3/17
4-011 共用排水管の立管掃除口に係る「最下階」2003/3/17 2014/3/5
4-012 ピットの有効高さ2000/12/11
4-014 木造住宅等の躯体天井高2010/3/9
4-016 消火水槽内の共用配管2003/6/9
4-017 店舗等を有するマンションの排水管2003/9/12 2014/03/05
4-018 一住戸のみに利用される排水立管2003/9/12 2007/3/23
4-019 排水管の掃除口の位置2004/11/22 2014/5/9
4-020 他住戸等のバルコニー等にある共用配管に接続される専用配管2006/3/27
4-021 共用部分の仕上げ材等の軽微な除去2007/3/23
4-022 部分的な横主管の掃除口2007/3/23 2014/5/9
4-023 共用排水管の切断工事を軽減するための措置2007/3/23
4-024 躯体天井高の表示におけるセルフレベリング部分の厚みについて2007/3/23
4-025 共同住宅等における専用配管の設置場所(他住戸等)2007/3/23 2008/3/14
4-026 排水管の接続替えに必要な寸法2007/3/23
4-027 傾斜屋根における躯体天井高の算定について2007/3/23
4-028 異なる躯体天井高が存する場合の床面積1/2の判断について2007/3/23 2008/3/14
4-029 共用排水管の増設更新のための予備スリーブについて2008/3/14
4-030 更新対策における共用排水立管の位置2012/3/9
4-031 横主管を介する排水立管の掃除口2012/3/9
4-032 地中埋設配管の点検・補修措置について2013/02/28
4-033 傾斜屋根(壁)の最も低い部分の表示について2014/03/05
4-034 更新対策における共用排水管の切断工事の軽減について(共用立管)2015/03/05
整理番号温熱環境・エネルギー消費量に関すること公表日時
5-001 取得日射量補正計算における各部寸法の考え方2015/03/05
5-002 省エネ評定取得住宅の取扱い2015/03/05
5-003 温熱の住戸抽出評価2015/03/05
5-004 戸建て住宅における外接床の5%緩和の適用2015/03/05
5-005 屋根断熱の通気層について2015/03/05
5-006 乾式間仕切壁の防湿措置について(界壁・界床)2015/03/05
5-007 開口部の付属品の取扱いについて2015/03/05
5-008 熱的境界の設定2015/03/05
5-009 鉛直方向において傾きのある壁はどの角度まで壁と扱えるか2015/03/05
5-010 小屋裏の壁の方位係数について2016/03/04
5-011 日射熱取得量における外付けブラインド設置の件2016/03/04
5-012 平均日射熱取得率の適用対象(共同住宅等の内部廊下等に面する壁)2016/03/04
5-013 基礎部分の熱損失計算について2016/03/04
5-014 ボイドスラブの熱貫流率の考え方について2016/03/04
5-015 鉄筋コンクリート等で玄関床が断熱層を貫通する部分の断熱補強について2016/03/04
5-016 壁の熱貫流率を求める際の密閉空気層の取り扱いについて2016/03/04
整理番号空気環境に関すること公表日時
6-001 6-2(3)イ居室の換気対策の設計評価2003/9/12
6-002 ホルムアルデヒド建材の規制が適用除外となる場合の扱い2003/9/12
6-003 ホルムアルデヒド対策(内装及び天井裏等)における軸状の部分等の扱い2003/9/12
6-004 内装材の範囲2002/3/20
6-008 全般換気の機械換気設備と局所換気設備2002/3/20
6-009 6−3測定に係る8号様式の通知2002/3/20
6-010~6-011 6−3の測定結果の表示2002/3/20
6-013~6-017 6−3の測定方法2002/3/20
6-018 ミニキッチン2003/6/9
6-019 建設評価における特定建材の確認方法2004/11/22
整理番号光・視環境に関すること公表日時
7-001 開口部面積2003/3/17
7-003 ミニキッチン2003/6/9
7-004 屋根面から居室まで傾斜している筒状の上にある開口部の開口面積の算出について2004/11/22
整理番号音環境に関すること公表日時
8-001 実測データによる建設評価2000/12/11
8-003 アンボンドスラブ2002/3/20
8-004 ボイドスラブ2002/3/20
8-006 受音室に関するLDKの扱い2003/3/17
8-007 押入と受音室2003/3/17
8-008 対策等級と相当スラブ厚の使い分け2000/12/11
8-009 居室縁辺部の床仕上げ構造2002/3/20
8-010 ユニットバスの床2002/3/20
8-011 ハーフPCのスラブ厚2000/12/11
8-013~8-015 床暖房パネル2002/3/20
8-016 ALCパネル2000/12/11
8-017 断熱材の折り返し2002/3/20
8-018 毛足の長さが異なるカーペット2000/12/11
8-019 押入の奥の界壁2003/3/17
8-020 台所の外壁の開口部2002/3/20
8-021 ガラスブロック2002/3/20
8-022 遮音性能の試験2000/12/112003/3/17R
8-023 開口部の大きさの限度2000/12/11
8-024 二重床の床懐の空気層厚さ2003/3/17 2014/5/9
8-025 PCパネル床スラブ2003/3/17
8-026 JISに規定する床仕上げ材と同等のもの2003/3/17
8-027 薄畳の重量床レベル低減量(ΔL)2003/3/17 2014/5/9
8-028 拘束辺としての耐力壁2003/6/9
8-029 ボイドスラブの等価厚さに係る断面2次モーメント2003/6/9  2003/9/12
8-030 床構造で一体として振動するもの2003/9/12
8-031 EVシャフトと住戸間の界壁の評価2003/9/12
8-032 柱、梁に用いるGL工法の評価2005/2/25
8-033 下階界床の定義2005/2/25
8-034 鉄骨造における相当スラブ厚の評価2008/1/25
8-035 軽量床衝撃音対策等級に掲げる「その他の床構造」について2008/1/25
8-036 一重サッシを二重に取付けた時の評価方法2008/1/25
整理番号高齢者等への配慮に関すること公表日時
9-001 一の主たるバルコニー2000/12/11
9-002 特定寝室2002/3/20
9-003 手摺の設置方法2003/3/17  2003/9/12
9-004 手摺の定義2000/12/11
9-006 玄関出入口の段差の測り方2002/3/20
9-007 引き戸レールの高さ2002/3/20 2014/03/05
9-008 戸建て住宅の風除け室の出入り口2003/3/17 2014/03/05
9-009~9-010 転落防止の手すり2002/3/20 2007/3/23
2003/3/17
9-011 蹴込み板のない階段について2006/2/1 2008/3/14 2014/03/05
9-012 親子扉の有効幅員2000/12/11
9-013 浴室の広さ2003/3/17
9-014 手摺の設置準備2000/12/11
9-015 特定寝室の面積2002/3/20
9-016 軽微な改造2003/3/17
9-017 アプローチ等の扱い2003/3/17
9-018 エレベーターホール2002/3/20
9-019 建物出入口、共用施設、他住戸等その他日常的に利用する空間2003/3/17
9-020 共用階段の入口段差2003/3/17
9-021 専用ポーチの手すり2003/3/17
9-022 屋外階段への適用2003/3/17
9-023 回り階段2003/3/17
9-024 転落防止の手すりの足がかり2003/6/9 2004/2/10
9-025 通路及び出入口の幅員(ウォークインクローゼット)2003/6/9
9-026 転落防止の手すり(ルーフバルコニー)2003/6/9
9-027 転落防止の手すり(手すり子の受け材)2003/6/9 2004/2/10
9-028 シャワー・ルーム2003/6/9
9-029 通路幅員と手摺2003/9/12
9-030 一の主たるバルコニー2003/9/12
9-031 バルコニー手摺の腰壁等について2003/9/12
9-032 転落のおそれのない窓2003/9/12
9-033 畳コーナーの面積について2004/2/10
9-034 転落防止の手すりの足がかり2004/2/10 2007/3/23 2008/3/14
9-035 2点式、3点式のユニッバスの面積2004/7/23
9-036 階段の開放されている側の定義2004/7/23
9-037 室の部分の床とその他の部分の床の定義2004/11/22
9-038 階段踊り場の手摺2004/11/22
9-039 浴室の出入口の段差2004/11/22
9-040 転落防止手摺の設置が不要な落下高さ1mの扱いについて2005/2/25
9-041 共用廊下の範囲2005/2/25
9-042 設置することが必要な部屋2005/2/25
9-043 回り階段の組合わせについて2006/3/27
9-044 バルコニーに設置されたハッチ式避難はしごの取扱いについて2006/3/27
9-045 2階以上の浴室の窓2008/3/14
整理番号防犯に関すること公表日時
10-001 建物出入口の存する階が複数ある場合の取り扱い2006/3/27
10-002 住棟出入口での接近の制御2006/3/27
10-003 ガラスブロックの取扱い2006/3/27
10-004 出入口の存する階に住戸のない場合2006/3/27
10-005 階段室の侵入が可能な規模の開口部2006/3/27
10-006 小屋裏収納に存する侵入が可能な規模の開口部2006/3/27
10-007 侵入が可能な規模の開口部からの侵入先が複数にわたる場合2006/3/27
10-008 面格子のみの侵入防止対策上有効な措置2006/3/27
10-009 1階下屋屋根のトップライト2006/3/27
10-010 官民目録掲載ウィンドウフィルムの付帯条件の確認2006/3/27
10-011 メゾネット住宅の階数表示2006/3/27
10-012 屋上に面するロフト開口部の取り扱い2006/3/27
10-013 長屋等の建物出入口の不明確な場合の取り扱い2006/3/27 2014/3/5
10-014 住戸の出入口の判断2006/3/27
10-015 建物出入口の存しない階における地面から2m以下の高さにある開口部の扱い2006/3/27
10-016 開口部区分の表示につ いて2006/3/27 2015/3/5
10-017 開口部の区分の判断2015/03/05
整理番号既存住宅性能評価に関すること公表日時
11-001 共用部分 検査・評価シート2004/2/10
整理番号手続き、評価の方法に関すること公表日時
12-001 「住宅」とは2002/3/20 2010/3/9 2014/03/05
12-002 「新築住宅」とは2003/3/17
12-003 「住宅展示場」の評価2010/3/9
12-004 EXP.Jでつながった共用棟と住宅棟2003/3/17
12-005 併用住宅の評価2002/3/20
12-006 リフォーム後の新築評価2000/12/11
12-007~12-010 型式認定2000/12/11
2002/3/20
12-011 申請者の範囲2000/12/11
12-012 フリープラン住宅2000/12/11
12-013 基準法において構造計算を要しない住宅2000/12/11
12-014 設計評価と建設評価の関係2000/12/11
12-017~12-018 申請書、評価書等の様式2000/12/11
2002/3/20
12-019 音環境の評価の選択2000/12/11
12-021 施工状況報告書2000/12/11
12-022 設計評価の申請時期2002/3/20
12-023 新築住宅の建設評価書への添付図書2003/3/17
12-024 設計評価申請書の第4面「専用部分の床面積等」2002/3/202002/8/20R
12-025 建築物の基礎を兼ねるRC造車庫の建設後の建設評価申請2002/3/20
12-026 検査の省略2000/12/11
12-027 検査の責任範囲2002/3/20
12-028 検査時に不適合事項があった場合2000/12/11
12-029 抽出検査(1/10)2000/12/11
12-033 建築基準法令の改正2003/3/17
12-034 運用の改正2003/3/17
12-035 評価機関票2003/6/9
12-036 書類の電子化保存2003/9/18
12-037 引き立て寸法と仕上がり寸法2003/12/3  2004/1/14
12-038 配筋検査の時期2004/11/22
12-039 住宅の評価戸数の考え方2014-03/05
整理番号制度、組織に関すること公表日時
13-001 独自の性能表示2000/12/11
13-002 製造者認証2000/12/11
13-003 自己評価書の契約書への添付2000/12/11
13-004 契約みなし規定2000/12/11
13-005 評価書に記載された性能と実際の性能の相違2000/12/11
13-006 共同住宅における評価書の交付番号2005/1/5
整理番号紛争処理に関すること公表日時
14-001 紛争処理に係る費用2000/12/11
14-002 紛争相談の利用2000/12/11
14-003 既存住宅に係る紛争処理の利用2005/1/12
整理番号建設評価に関すること公表日時
16-001 建設評価時におけるコンクリートの空気量2004/11/22

このページのTOPへ