HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

高齢者等への配慮に関すること

タイトル 共用廊下の範囲
整理番号 9-041
質 問  下図①及び②の部分は、高齢者等配慮対策等級(共用部分)の評価対象に該当するか。
<9-2(3)イ〜ニ①>


回 答  評価対象となる共同住宅等が建築基準法において長屋として取り扱われている場合は、共用部分が存在しませんので高齢者等配慮対策等級(共用部分)の評価は行いません。
 また、長屋以外の共同住宅等において、風除室又は出入口扉等があり建物の内外が明確に分離されている場合は、建物の内側のみが評価対象となります。建物の内外が明確に分離されていない場合にあっては、建築物(小規模な庇等を除く。)の水平投影面積内が評価対象となり、水平投影面積外の部分は評価対象となりません。

このページのTOPへ