HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

音環境に関すること

タイトル 薄畳の重量床レベル低減量(ΔL)
整理番号 8-027
質 問  薄畳については、評価方法基準8-1(3)ロ②c(ⅵ)で引用されている「カテゴリーⅠ」に該当するものと解し、重量床レベル低減量(ΔL)を0dB若しくは5dBとしてよいか。
 また、この場合の「薄畳」とはJIS A5902に規定されている畳の厚さ(55mm以上)に満たない畳の総称であると考えて支障がなく、その厚さの下限等について考慮する必要はないものとしてよいか。
<8-1(3)ロ②c(ⅳ)>

回 答 貴見のとおりです。
 なお、軽量床衝撃音対策等級の8-2(3)イ③において8-1(3)ロ②c(ⅰ)~(ⅴ)を引用していますが、質問にある(ⅵ)は引用されていません。従って、この場合においては、(ⅲ)に規定されている「JIS A5902に規定する畳」は含まれますが薄畳は含まれませんので、注意して下さい。

このページのTOPへ