HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

音環境に関すること

タイトル 押入の奥の界壁
整理番号 8-019
質 問  居室が下図のように押入や造り付けのワードローブを介して他の住戸と接している場合、透過損失等級(界壁)はどの部分で評価すべきか。
<8-3(2)ロ①>


回 答  透過損失等級(界壁)については、A及びBともに評価対象になります。この場合、AとBに関する評価は、ともにaの部分に着目して行います。Bのように押入を介している場合でもbの部分を含めて評価することはできません。

このページのTOPへ