HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

音環境に関すること

タイトル 床暖房パネル
整理番号 8-013
質 問 (発泡ポリスチレンを使用した床暖房パネル)
 8-1(3)ロ②dに「床暖房パネル(モルタル、合板等の基材の間に温水パイプその他これに類するものを有するものをいい、・・・)」と記述されているところ、合板等の範疇に発泡ポリスチレンは含まれるか。
<8-1(3)ロ②d>

回 答  一般的に使用されている発泡ポリスチレン製の基材は、「合板等の基材」に含まれると解します。

タイトル 床暖房パネル
整理番号 8-014
質 問 (床暖房パネルの周辺の合板等)
 床暖房パネルにあってはaの△Lを0dBとすることができるとされているところ、床暖房パネルの周辺に合板等をレベル調整のために敷いたものは認められるか。
<8-1(3)ロ②d>

回 答  床暖房パネルの周辺に合板等を敷いたものであっても、8−1(3)ロ②d本文カッコ書きの構造に該当します。ただし、「厚さ15mm以内のものに限る」が適用されるので注意してください。

タイトル 床暖房パネル
整理番号 8-015
質 問 (床暖房下地+カーペット仕上げ)
 床下地に床暖房パネルを用い、床仕上げをカーペットとした仕様の場合、8-2軽量床衝撃音対策については、特認が必要と考えてよいか。
<8-2(3)イ③、④>

回 答  貴見の通りです。

このページのTOPへ