HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

空気環境に関すること

タイトル ホルムアルデヒド対策(内装及び天井裏等)における軸状の部分等の扱い
整理番号 6-003
質 問  6-1ホルムアルデヒド対策において、柱等の軸材や廻り縁等軸状の部分(以下「軸状の部分等」という。)については、原則評価の対象外であると解してよいか。
<6-1(3)>

回 答  特定建材における軸状の部分等の取扱いは建築基準法に準じます。また、製材等を使用しているか否かの取扱いは、製材等の場合「軸状の部分等」であるか否かを問わないので、少しでも製材を使用しているのであれば、製材を使用していると評価することになります。ただし、ごく少量使用される(1㎡未満の面積の部分)場合は評価の対象外とみなすことができます。

このページのTOPへ