HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

温熱環境・エネルギー消費量に関すること

タイトル 当該住戸の外皮の部位の面積等を用いずに外皮性能を評価する方法の部位U値を検討除外できる部分
整理番号 5-024
質 問 当該住戸の外皮の部位の面積等を用いずに外皮性能を評価する方法において、各部位で複数の異なる仕様を有する場合には熱貫流率に温度差係数を乗じた値が最も大きい部位の値を基に計算することとなるが、以下のような部分はどのように取り扱えばよいか。
 ・コンセントボックス
 ・点検口(600mm×600mm程度)
 ・市販床下収納庫のふた
 ・エアコン取付部等の下地部分等
 ・設備配管の貫通部
 ・給気口等
<5-1(3)>

回 答 上記のように施工上やむを得ない部分は除外して計算することが可能です。

このページのTOPへ