HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

温熱環境・エネルギー消費量に関すること

タイトル 鉄骨造における熱橋部分の断熱補強材について
整理番号 5-017
質 問 鉄骨造の線熱貫流率Ψの算出において、H型鋼のウェブにのみ断熱材を施工する場合、当該断熱材の熱抵抗を「外装材+断熱補強材の熱抵抗」における断熱補強材として扱うことは可能か。
<5-1(3)イ>


回 答 ウェブのみに断熱材を施工している場合、断熱補強材として熱抵抗を加算できず「外装材」のみの熱抵抗となります。なお、ウェブ及びフランジに断熱材を施工し熱橋部分を覆った場合は、「外装材+断熱補強材の熱抵抗」における断熱補強材として扱うことが可能です。

このページのTOPへ