HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

温熱環境・エネルギー消費量に関すること

タイトル 乾式間仕切壁の防湿措置について(界壁・界床)
整理番号 5-006
質 問 5-1(3)ハ①aより、グラスウール等の繊維系断熱材等を使用する場合には防湿層を設ける必要があるが、共同住宅等の共用廊下に面する熱的境界の乾式間仕切壁であれば、防湿層の設置を免除することは可能か。
<5-1(3)ハ①a>

回 答 乾式間仕切壁であることを理由に、防湿層の免除はできません。界壁・界床において繊維系断熱材等に防湿層を設けない場合、一次元定常計算により内部結露の発生がないことを確認する必要があります。その際の外気側の条件は、隣接空間等の種別に応じ、下表のとおりとします。なお、外気側の条件が室内となる場合、計算を省略することができます。


このページのTOPへ