HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

維持管理・更新への配慮に関すること

タイトル 傾斜屋根(壁)の最も低い部分の表示について
整理番号 4-033
質 問  X部分の躯体天井高さにおいて、最も低い部分は、「その他」として住戸1「0」、住戸2「c」として判断してよいか。
<4-4(3)イ① ②>

回 答 貴見の通りです。ただし、明らかに傾斜屋根と判断できる場合は、「その他」ではなく「傾斜屋根」として取り扱うことも可能です。

(評価住戸1、評価住戸2いずれも傾斜部分は過半以下となり躯体天井高さはaの寸法が該当する)

このページのTOPへ