HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

劣化の軽減に関すること

タイトル 耐久性上有効な仕上げによる緩和の適用範囲について
整理番号 3-023
質 問  3-1(3)ハ①b(ⅰ)表注において、外壁の屋外に面する部位にタイル貼り、モルタル塗り等の仕上げを施す場合、最小かぶり厚さを緩和できる旨規定されているが、外壁を構成する柱・梁についても緩和の規定を適用することができると解してよいか。また、適用部位には屋上や屋外の床も含まれると解してよいか。<3-1(3)ハ①b(ⅰ)>

回 答  外壁を構成する柱・梁については、耐久性上有効な仕上げがある場合、かぶり厚に係る緩和規定を適用することができますが、屋上や屋外の床に緩和規定を適用することはできません。

このページのTOPへ