HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

手続き、評価の方法に関すること

タイトル 申請書、評価書等の様式
整理番号 12-017
質 問 (参考様式)
 評価書及び自己評価書の様式は告示等に規定されていないが、指定の様式等はあるか。
<規則§1等>

回 答  特にはありません。なお、(財)日本住宅・木材技術センター発行の「木造住宅のための住宅性能評価 申請の手引き」や評価員講習会テキストに様式が例示されています。

タイトル 申請書、評価書等の様式
整理番号 12-018
質 問 (評価書の記入方法)
 例えば一戸建て住宅の共用配管は、存在しないことによる「該当なし」であるが、共同住宅の避難階に存する住戸の避難安全対策は、十分に安全と認められるために適用が除外されており、そのことによる「該当なし」である。評価書においてこのことを明示する方法はないか。
<規則§1>

回 答  評価書に記載すべき事項は規則第1条に定められていますが、様式の定めはありません。従って、例えば、「□ 避難階のため、適用範囲外」といったチェックボックスを設ける、「□ 該当なし(避難階)」といった記述を加える等の対応は可能であると考えられます。

このページのTOPへ