HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

構造の安定に関すること

タイトル 木造軸組工法における存在床倍率について
整理番号 1-023
質 問  1-1(3)ホ③に、「・・・ただし、床組等に用いる材料の強度を考慮して計算により存在床倍率を定める場合にあっては、この限りでない。」とある。従って、一覧表以外の床仕様については、次の方法のいずれかにより定められた存在床倍率を用いることができると考えてよいか。

①『木造軸組工法住宅の許容応力度設計((財)日本住宅・木材技術センター)』に示されている「詳細計算法」に基づいて計算された存在床倍率。

②『木造軸組工法住宅の許容応力度設計((財)日本住宅・木材技術センター)』に示されている「試験方法と評価方法」に基づいて、登録試験機関等の第三者機関による試験・評価によって定められた存在床倍率。
<1-1(3)ホ ③>

回 答  貴見のとおりです。

このページのTOPへ