HOME > 住宅性能表示制度関連Q&A > 住宅性能表示制度Q&A(技術者向け)

住宅性能表示制度Q&A、ガイドライン等

構造の安定に関すること

タイトル 構造計算書の添付
整理番号 1-018
質 問 構造計算が必要な建築物で、等級1を申請する場合、平成12年建設省告示第1660号の解釈として、次のように解してよいか。
<平成12年建設省告示第1660号>

① 構造計算に関して建築基準法第68条の10に基づく型式適合認定を受けており、認定書(別添を含む。)を添付することにより等級1の申請をおこなう場合、別途構造計算書の添付は要しない。

② 構造方法に関して建築基準法第68条の26でいう構造方法等の認定を受けており、その認定書を添付している場合であっても、建築基準法施行規則第1条の3第1項第一号(イ)、(ロ)の各カッコ書きの規定にかかわらず、構造計算書の省略はできない。
ただし、建築基準法第20条第一号(第二号ロ、第三号ロの建築物を含む)の超高層建築物等で、同条第一号の大臣認定を受け、その認定書を添付して等級1を申請する場合は、構造計算書は添付不要である(超高層建築物等は、評価基準上、構造計算を評価する必要がないため)。なお、超高層建築物等で大臣認定を取得している建築物において等級2以上の場合は、特認を要する。

回 答  貴見のとおりです。

このページのTOPへ